上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは、*Naoです。

はぁ・・・仕事いきたくにぇえええええええ!!
って感じに何の脈略も無く叫びと共にはじまりましたけど・・
6月に異動してきた上司のBBAがちょーうぜぇぇ・・

3日に一回は説教されてるぢぇ;w;

とりあえず読解力のなさ・・・
指示の言葉の足りなさ
人を見下したような振る舞い方
そんなこともできないのか という風な口調

いろいろうざい・・・異動したい・・・

ということで今回は図書館情報資源論のレポートを載せたいと思います。

※類似レポートは再提出になるらしいので参考程度でお願いします。
 あとこれは合格済レポートの下書き段階の物なので実際提出した物とは多少の違いがある場合があります。
 また誤字脱字が多いかもしれません。
-------------------------------

・図書館情報資源論

設 題
公共図書館が地域資料を収集するのはなぜかを考え、地域資料の特性と今日の課題としての地域資料のデジタルアーカイブ化について論じなさい。

1、 地域資料を収集する根拠
 現在の公共図書館は、地域資料の収集・整理・保存・提供は重要な任務とされている。そして、今日では「課題解決型図書館」の文脈でも地域資料の重要性が改めて見直されている。
公共図書館は、図書館法第3条で「郷土資料。地方行政資料」の収集に十分留意するように明記されている。
平成13年7月18日 の文部科学省による「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準について」の「資料及び情報の収集,提供等」の欄に「地方公共団体の政策決定や行政事務に必要な資料及び情報を積極的に収集し、的確に提供するよう努めるものとする」と記載されており、また、「資料の収集,提供等」の欄には「高度化・多様化する図書館サービスに資するための,郷土資料その他の特定分野に関する資料の目録,索引等の作成,編集及び配布」と記されている。
現在の公共図書館は、その地域についての資料を責任を持って収集することが業務の一つとして位置づけられており、それらのレファレンス質問に答えることも重要な業務になっている。なぜならば、公共図書館の原点は、地域に根ざしているということである。そして、その土地ごとにおける地域的な資料などを要求する利用者に応えられるように努めることが必要となってくる。
2、 地域資料の特性
 地域資料とは、図書館資料の一つで、図書館の所在する地域や自治体に関係する資料のことで、近年では、地域での住民の文化的、社会的活動から生み出されたさまざまな資料のこともそう呼ばれることが多い。したがって、地域資料には住民サークルの機関紙なども含まれる。まとめると、図書館資料の郷土資料、地方行政資料、地域住民が公刊した資料などのことを呼ぶ。
 例えば地方行政機関の出版物、古文書、古記録、電話帳、地域の店・住宅などの広告、雑誌・新聞 、郷土研究誌、タウン誌、地域について記述されている雑誌、パンフレット、新聞記事切抜き及び記事索引、地図などの印刷資料。そして、風景・文化財・行事・民話などの写真、フィルム、音の資料などの視聴覚資料などもある。
 これらの資料のうち、古文書、古記録そして行政文書の扱いは図書館としては難しく、それ一点しかつくられなかったという意味で、歴史資料としての価値が高く、図書館資料というよりも文書館資料とされている。わが国では地域レベルで文書館より図書館が先に発展したことがあって、図書館にそれらの資料が多く蓄積されているが、扱うには歴史学の知識やくずし字を読解する技術が必要である。
 また地域資料は、当該地域にそれしかない資料であり、その意味でほとんどのものを保存する必要があり、保存のための収容スペースを用意し、閉架方式で収蔵するものも多くなるが、利用されるためには複本を用意する試みも必要である。
 入手方法として、一番多いのは寄贈によって入手することである。また、一般的な流通ルートに乗らない資料が多く、購入する際は古書店から購入することもある。他にも館間での資料交換や個人のコレクションを寄託として受けるケースもある。行政資料は情報公開用に図書館に送られてくるのが大半を占めているが、個別に発行されるものや新たに企画されるものもあり、定期的に広報誌などに目を通して情報の把握に努める努力も必要である。
3、 デジタルアーカイブ化の方向性
今日の課題として、地域資料のデジタルアーカイブ化が必要になってくる。なぜならば非市販資料が多い地域資料はその組織化が困難で、検索などによる円滑な利用を考えると、データベース化することが重要だからである。
 資料をデジタル化するメリットとしては、基本的に1点しか存在しないものでも、デジタル化すれば「いつでも、どこでも、誰でも、無料で」多様な目的、ニーズに応えることができる。 また、通常ならば汚損・破損を恐れて公開が難しい資料も、デジタル化すれば誰でも見られるようになることから利用・保存の両面でメリットがある。
 所蔵資料をデジタル化して公開するデジタルアーカイブの段階に入りつつある現在、ほとんどの公共図書館が公式サイトを公開する段階にまで至っている。
館内に地域資料コーナーが特設されている一部の図書館では,地域資料のデジタル画像の公開も始められている。しかし,その他の図書館では地域資料サービスに対して,予算や人材を特別に充てるほどの余裕がなく,そのため地域資料を網羅的に収集することができない。その結果,地域資料の蔵書数は少なく,地域資料の棚があってもその存在さえ知られず,利用される機会も少ないという悪循環となっている。この状況を改善するためにも,地域資料のデジタル化は良い契機となろう。
また、今後、地域資料のデジタルアーカイブ化により利用しやすくなれば、それぞれの図書館の特色あるコレクションとしても重要な位置を占めるようになるだろう。

参考文献
地域資料入門-三多摩郷土資料研究会編-/日本図書館協会
http://current.ndl.go.jp/node/17889
-------------------------------

これは一発合格でしたがほぼ、参考文献とテキストの丸写しでしたw
スポンサーサイト
2014.11.12 Wed l リアル日記 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
自分にも原因がry って易々想像できてしまう件…
2014.11.12 Wed l reia. URL l 編集
No title
>>れいあちゃん
いあ・・・うちはマジメにやってるんだけどさ
言われたことを難癖つけてリテイクくらうんだよ。
資料作るにも、それを先に言っとけってのが多い・・・;w;
2014.11.13 Thu l *Nao. URL l 編集
No title
ttp://zigoku435.blog79.fc2.com/blog-category-1.html

大変だ・・・もんちの旦那がRoに戻ってきてるらしい…
2014.11.26 Wed l reia. URL l 編集
No title
いあ、もう離婚してるしww
慰謝料支払ってもらわないと
ってか復帰してたんだ・・・
2014.11.28 Fri l *Nao. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://3sakura3.blog10.fc2.com/tb.php/261-d377f43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。